【ドライバーが飛ぶ方法】ポイントはサイドスローのイメージ

目次

ドライバーが飛ばない

ドライバーが飛ばない

それは

ゴルフプレイヤーにとって

悲しすぎる悩みになります。

 

ドライバーで

飛距離を出すには

芯に当てること以外に

▼芯に当てる方法

あわせて読みたい
安定してフェースの芯に当たるようになる3つのゴルフ練習法 【芯に当たっていますか?】 皆さんは ボールが芯に当たっていますか? ☑飛ばない ☑方向が安定しない という方はもしかしたら ボールをクラブの芯で 捉え...

正しいスイング軌道で

スイングすることが重要になります。

 

そこで今回は

正しいスイング軌道を理解して

ドライバーをまっすぐ

そして

しっかり飛ばす方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドライバーはサイドスローで飛ぶ

この動画の中で

解説されていますが

ドライバーが飛ばない人の

特徴として

スイング軌道がアッパーに

なり過ぎているというケースがあります。

 

その場合は

ボールが吹き上がったり

スライスしやすくなり

飛距離を大きく

損失してしまっている可能性があります。

 

スイング軌道が

アッパーになってしまっている方は

右手の動きが

野球の投球フォームで言う

アンダースローに

なってしまっている可能性があり

サイドスローの

イメージを持つように意識しましょう。

しかし

野球の投球フォームと

ゴルフスイングのイメージを

結びつけるのは

野球の経験者でなければ

非常に難しいと思いますので

過去に

今回のサイドスローの

スイングイメージを

理解しやすい方法を

ご紹介しましたので

こちらも併せて確認しておくと

サイドスローの

イメージがつきやすいと思います。

▼サイドスローがイメージしやすい素振り

あわせて読みたい
ゴルフが上達する【素振り】~ポイントは腕の使い方~ 【意味のある素振りで上達】 ゴルフの際に素振りは 何気なく行いますが ●ショットの前の素振り ●自宅で練習としての素振り などミスショットを減らすために 正しいスイ...

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次