【アプローチの際の右肘の使い方】綺麗にボールを捉える秘策

目次

アプローチのミスが激減

グリーン周りで

ミスを連発してしまう方の

多くが苦しむのが

クラブでボールを捉える

手前で地面を

エグッてしまうダフりになります。

 

このようなダフりを

生じてしまう

一つの要因として

手の解きがあります。

 

しかし

それを防止するため

今度は手首を意識しすぎて

スイングが固くなり

ボールの上を叩いてしまう

トップが連発してしまいます。

 

そこで今回は

このようなアプローチのミスを

防止する右肘の動きを解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

アプローチでの右肘の使い方

この動画の中で

解説されていますが

30ヤードほどの

アプローチの場合の

右肘の使い方として

スイング中はできるだけ

身体から右肘を離さない

ということが重要になります。

 

このような

意識をすると

スイング中は右肘が

曲がった状態となります。

 

これを習得するには

右手打ち練習を

行うことがお勧めです。

▼右手打ち練習

あわせて読みたい
ゴルフスイングの【悪い癖】を一掃する【右手打ち練習】 【スイングの悪い癖を一掃したい】 ゴルフの練習を 重ねていると 時々レッスンを受けたり 動画撮影をして 客観的な分析をしないと ☑スウェー ☑手打ち &#x...

しかし

右手打ち練習は

クラブの中でも重量のある

ウェッジを片手で持って

スイングするので

非常に難易度の

高い練習の一つと言えます。

 

そこで右肘を

身体にしっかりと

固定するのに

分かりやすいのが

このようなゴムチューブを

身体に巻いて

肘の部分を固定する方法です。

このような方法を

行うことで

固定しずらい手首よりも

まずは

肘を固定することで

アプローチの際の

ダフりが防止しやすくなります。

 

皆さんも

アプローチでボールを

綺麗に捉えて

グリーン周りでも

攻めのゴルフができると

よりラウンドが

楽しくなりそうですね(^^)/

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次